須坂悠生寮 寮長より

 須坂悠生寮は、社会福祉法人りんどう信濃会の知的障害者厚生施設として平成9年8月に須坂市米子町に開所致しました。
 この須坂悠生寮がある米子の地に隣接し、南側に一級河川「米子川」が流れ、西側から北側にかけては上信越国立公園に連なる景勝「蓑堂山」、更に遠くには日本アルプスをはじめ北信五岳の飯綱山、黒姫山、妙高山、戸隠山の山々を望むことの出来る風光明媚な地であります。
 このようなすばらしい環境の中にあって利用者は、日々の日中活動では花布巾や、花台磨きの作業等に精を出すと共に、余暇の時間には地域のボランティアの人々の協力を得て、「生け花」「陶芸」「手芸」「踊り」「書道」「コーラス」等のクラブ活動等をする中で、地域との交流を図るため各種行事での発表や展示、または販売をし、これを目標に講師の皆さん等と意欲的に取り組んでいます。
 また、地域の人々と施設利用者の交流を更に深めるため、平成15年度において寮の入り口に地域交流ホーム「みのどうの家」を建設し、ボランティアの方々、更には学生等が総合学習、施設実習、社会体験研修等と時には宿泊も含む多くの方々と交流に活用しており、利用者の社会参加や自立を目指しております。
 更に、グループホーム「南原の家」を立ち上げバックアップ施設として利用者を支え、自立を支援します。
 このように今日の社会において、社会福祉施設は施設の利用者とのかかわりだけでなく、地域の中にあって利用者と地域の人々と常日頃交わり、情報の発信できる施設になればと思っております。