環境

須坂悠生寮は、社会福祉りんどう信濃会の理念に基づき、利用者に身も心も健康で豊かな人としての成長を援助し、明るく文化的な暮らしを保障することを目標に、寮運営に努めています。

(基本方針)
1、利用者の人としての尊厳を大切にします。
2、利用者の人権尊重と擁護に努めます。
3、利用者の健康の維持増進に努めます。
4、利用者の老化防止、老化に応じた援助・介護に努めます。
5、利用者の教養や趣味などを深め、豊かな暮らしへの援助に努めます。
6、利用者自治会への支援と協力に努めます。


平成21年度事業計画

(目標)
 
 (1) 須坂悠生寮は、法人の理念及び基本方針に基づき、利用者に身も心も健康で、豊かな人としての成長を支援し、より質の高いサービスを提供する。

 (2) 利用者の自立と自主性を尊重した個別支援計画に基づく、サービスを提供する。

 (3) 職員は『職員行動規範』や『福祉サービスマニュアル』その他規定等を遵守すると共に、より質の高いサービスが提供できるよう自己研鑽をする。

 (4) 利用者の個々の身体状況や健康状況に配慮した支援に努める
    感染予防に努めるため、基本的な衛生面に配慮する。 


 (5) 新事業体系への移行に向け、準備を推進する。

 (6) 施設機能の地域への開放や地域交流ホームの有効活用、行事の相互参加等を通じて地域との交流を深める。

 (7) 短期利用者(児)への支援を通じて地域福祉サービスの向上に努め、関係する各機関との協力関係をもとに、より多様なニーズに応えられるよう活動を展開する。

 (8) りんどう信濃会との連携と須坂悠生寮家族会及び連合会への協力を行う。

(具体的な計画)


1、支援サービスの向上

    〔支援サービス〕

・利用者の高齢化に即した支援及び個別支援の充実に努める。

〔健康管理〕

・利用者の高齢化に対応したきめ細かな観察と迅速な対応に努める。

〔食生活〕

       ・食生活環境の見直しと食事形態の研究を推進する。

2、経営と運営方針

    〔新事業体系〕

      ・新事業体系への移行に向けて全体的な検討の場を設け、特に日中活動については具体的な計画案を作成する。

3、施設・環境整備

    〔環境整備〕

       ・毎月1回棟内外の掃除の日を設け、居住環境を整える。

4、人材育成・職員体制

    〔人材育成〕

・日常の機会指導に加えて意図的・計画的なOJTを実践する。

〔職員体制〕

・部門間等の緊密な連携に心がけ、職員相互の良好なコミュニケーションを図る。

       ・新事業体系への移行を鑑み、業務や会議の見直しを行い、効率的な運営に努める。

5、地域交流

〔地域支援〕

・新しいG・H/C・Hが軌道に乗り、地域に密着するように援助する。

〔地域交流〕

・相互の行事参加等の機会を通じて地域との密接な関係を深めていく。